本文へスキップ

耳の閉塞感を感じたら

直接施術をご希望は完全予約制ご予約専用TEL.06-6304-0186

〒532-0023 大阪市淀川区十三東1-18-28-2F

耳詰まりや耳閉感の原因と治療、解消法とは

耳の閉塞感を感じたら


耳鳴りや耳詰まり解消には、心身の緊張感を解きほぐすことが求められます。
「突発性難聴」や「メニエール病」などでお悩みの方は、以下をクリックしてご参考下さい。

一筋の光明となれば幸いです

 耳鳴りと耳閉感のスッキリ解消にお役立て下さい (限定情報)


三半規管の画像

最近耳の閉塞感に悩まされてはいないでしょうか。
そしてそれを疲労が溜まったせいにして、放置してはいないでしょうか。素人判断は大変危険です。

もしかするとその症状はメニエール病かもしれません。
メニエール病は、耳鳴りやめまい症状から始まることが多いので、耳閉感とともにめまいも同時に感じていらっしゃる方は、特にご注意下さい。

発症年齢は40から50代、昔から更年期を迎えた女性に多い病でしたが、最近は男性でも発症する例が増えてきましたので、男性でも決して無視はできない病気です。

診断は、大きく2パターンの検査を元に下ります。
ひとつは聴力検査、もうひとつは平衡機能検査です。

そのいずれにおいても異常が発見されれば、メニエール病と診断されることになります。
しかし仮にメニエール病が認められたからといって、治療方法がしっかりと確立されていますので、気落ちなさることはありません。

治療は、発作の起きているときといないときの二種類に分類することができます。
まず、発作の起きているときには、めまい等を起こす自律神経を落ち着かせるために、鎮静薬を服用します。

それに対して発作のないときには、発作を予防する薬を服用します。
これで約80%の発作が予防されるとのことです。

予防できない場合には外科的手術という選択肢もあります。
いずれにしてもしっかりと向き合っていけば、メニエール病は充分付き合っていける病といえます。

そして何より、メニエール病は、ストレスを原因に発症するともいわれます。日頃よりストレスを溜め込まず発散するよう心がけることが、メニエール病の一番の予防薬となります。


慢性的な耳詰まりで病院に行くと、聴力検査の果てに「突発性難聴」や「蝸牛型メニエール病」などと診断される場合があります。

また、慢性期にに耳が詰まっている場合、耳鳴りによる不快感も重ねてストレスになっている人も少なくありません。そんな耳のトラブルを根本から解決する方法をご紹介しています。


耳詰まりや耳鳴りでお悩みの方は以下をクリックしてご参考下さい。

 耳鳴りと耳閉感のスッキリ解消にお役立て下さい (限定情報)


慢性の耳詰まりを解消する突破口!


イラスト
心身のアンバランスが慢性化の要因となりやすい耳詰まり等の聞こえのトラブル。
気づかぬうちに蓄積されたストレスや肉体疲労は症状の更なる悪化につながることもあります。

以下のメール講座では、治癒への第一歩を踏み出すための指針として、耳詰まり解消に役立つ情報を気軽にメールで受け取ることができます(無料)


ここにある沢山の喜びのお便りと同じように、あなた様もきっと治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、5分ほどでお届けいたしております。


解消メール

お名前


メールアドレス(PC用)


【メール読者様からのご感想】

 「今までいろんな病院に行っても良くなる気配がなかったのですが、読んでいるだけで治っていきそうな気持ちが軽くになりました」N吉様

「今ではあのときの辛い耳の感覚は何だったのと言えるくらい過去の経験になりました」 I・M様

「山下先生のホームページに辿り着けて本当に運が良かったと今でも思っています。」野々宮様




■いますぐ耳閉感解消に取り組みたい方はこちら

「メール講座で情報を受け取るなんて悠長なことなんて言ってられない!いますぐ耳詰まりの悩みを解消して、1日でも早く楽な生活を取り戻したい!」

そうお急ぎの方は自宅で耳詰まり対策ができる自己治療方法があります。そちらの内容をお知りになりたい方は次のリンクをクリックして先へお進み下さい。


耳の圧迫感

 クリックして次にお進み下さい(耳鳴り・耳閉感のスッキリ解消)



危険信号 響き 外リンパ瘻 軽度 単独発症 突発性難聴 嘔吐 感音難聴 耳の閉塞感を感じたら 突発性難聴




運営者写真
耳詰まりのことなら
原因と解消法をご提案

アステル心身調律院


慢性的な耳閉感でお悩みの方が非常に多くなっています。その根底にある原因は習慣による悪循環です。

常に耳の閉塞感を気にした日々を過ごすことで、耳は逆の働きを起こすようになります。

つまり「詰まって当たり前」の状態を自らで生み出すようになります。
これが習慣付く事によって耳詰まり体質が出来垢って行くというわけです。

慢性的にお悩みの方は、心身のバランスを整える気持ちでケアしてみてください。
必死に症状を止めようと頑張れば、それこそ肩の力が入って耳の代謝はますます悪くなってしまいます。

「脱力する」というのをキーワードに、リラックスを心がけながら癒しのケアをおこなうことがポイントです。
→自己ケアはこちら



メディア掲載実績



尼崎の美容室
糖化
ヘッドスパ
自宅でヘッドスパ
フェイシャルエステ