本文へスキップ

耳がこもるときに考えられる原因と治療法

直接施術をご希望は完全予約制ご予約専用TEL.06-6304-0186

〒532-0023 大阪市淀川区十三東1-18-28-2F

耳詰まりや耳閉感の原因と治療、解消法とは

耳がこもるときに考えられる原因と治療法


耳鳴りや耳詰まり解消には、心身の緊張感を解きほぐすことが求められます。
「突発性難聴」や「メニエール病」などでお悩みの方は、以下をクリックしてご参考下さい。

一筋の光明となれば幸いです

 耳鳴りと耳閉感のスッキリ解消にお役立て下さい (限定情報)


三半規管の画像

耳は、音を聞き分けるため生活するにおいて聞こえにくくなると不便さを感じます。片方の耳だけこもる場合、様々なことが原因となって起きている可能性があります。つばを飲み込む、あくびをするといった耳抜きの対処法を試してみても改善しない場合は、病気が関係していることがあります。

参照:http://www.miminari-web.net/shoujou/mimitsumari.html
こもる原因には、耳垢が詰まっている、滲出性中耳炎、突発性難聴、メニエール病、耳管狭窄症、耳管解放症、ストレスといったことがあげられます。

垢の場合は深く入り込んでいたり、たくさんありすぎて詰まっていたりする場合は自分で取り除くことはできません。医療機関でお願いすると取り除いてもらうことができるので、専門家に診てもらうようにします。

突発性難聴の場合は、ある日突然きこえが悪くなったり、音がこもるようになります。めまいが起きることはあまりなく、片側だけが聴こえにくくなります。治療法としては薬を服用する、リラックスするなどがありますが、突発性難聴の場合は、早期に治療を開始しないと聴こえが悪くなることがあります。片側が聴こえにくくなった場合は早めに受診するようにしましょう。

メニエール病の場合は、原因がはっきりしていませんがストレスや過労によって耳の内側に水がたまり、音がこもるほかに、回転性のめまいを伴います。

音が聴こえにくいな、と感じてから回転性のめまいが起こることが多く、めまいがおこると立っていることができず吐き気や嘔吐をしてしまうので、そのことがトラウマとなりさらにメニエール病の発作が出てしまうことがあります。

音域が狭くなるので音の響きが気になり、回転性のめまいがある場合は、メニエール病の可能性があります。治療法としては、利尿剤の服用、塩分や水分を摂りすぎないなどの生活指導、漢方薬の服用などがあります。

滲出性の場合は、鼓膜にチューブのようなものを入れて浸出液を出す治療法が行われます。鼓膜の外に水が溜まっている場合はそのまま様子をみることもあります。


聴覚過敏はこうして起こる!

聴覚過敏になると、日常生活や仕事などにも支障をきたすことがあるため、その原因や治療法を知ったうえで効果的に対処したいものです。一般に、聴覚過敏は音に対して不快感を持つ状態のことを指すのであって、病気のことではありません。

もちろん、一言で聴覚過敏と言っても、その原因は実にさまざまです。また、一つの原因で起こる場合もあれば、幾つかの原因が組み合わさって起こることもあります。

参照:http://www.miminari-web.net/shoujou/kabinshou.html
聴覚過敏が起こる原因の一つは、脳や耳などの身体的機能がうまく働いていないことです。例えば、私たちの耳には耳小骨と呼ばれる部分があって、この部分で音の伝わり方を調整しています。仮にこの部分がうまく働いていないと、音が鋭く響くことがあります。

また、聴覚過敏が起こる別の原因としては、自律神経の乱れがあります。基本的に言って、体が健康な状態にある時は自律神経のバランスが整っていると言えます。

自律神経は、交感神経と副交感神経と呼ばれる二つの神経によって構成されています。仮に大きなストレスなどにされされてしまうと、交感神経が緊張し、副交感神経の働きが低下します。こうした状態が聴覚過敏を引き起こすことがあるのです。

そこで、自分が聴覚過敏であると思ったならば、これらの原因を考慮に入れて上手に対処するようにしたいものです。まずは、自分の生活を振り返り、過度のストレスにさらされていないかをチェックしましょう。上手にストレスを発散させるのも対処する有効な方法と言えるでしょう。

さらにできる対処法としては、病院で専門家による治療を受けることです。例えば、耳鼻科では投薬による治療が用いられています。メチコバールといったビタミン剤に加えて、精神安定剤などが用いられることもあります。

心療内科や精神科では、薬が処方されるほか、カウンセリングを受けることができるでしょう。さらに、耳鳴りの症状があるような場合は、TRTと呼ばれる治療法が施されることもあります。


慢性的な耳詰まりで病院に行くと、聴力検査の果てに「突発性難聴」や「蝸牛型メニエール病」などと診断される場合があります。

また、慢性期にに耳が詰まっている場合、耳鳴りによる不快感も重ねてストレスになっている人も少なくありません。そんな耳のトラブルを根本から解決する方法をご紹介しています。


耳詰まりや耳鳴りでお悩みの方は以下をクリックしてご参考下さい。

 耳鳴りと耳閉感のスッキリ解消にお役立て下さい (限定情報)


慢性の耳詰まりを解消する突破口!


イラスト
心身のアンバランスが慢性化の要因となりやすい耳詰まり等の聞こえのトラブル。
気づかぬうちに蓄積されたストレスや肉体疲労は症状の更なる悪化につながることもあります。

以下のメール講座では、治癒への第一歩を踏み出すための指針として、耳詰まり解消に役立つ情報を気軽にメールで受け取ることができます(無料)


ここにある沢山の喜びのお便りと同じように、あなた様もきっと治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、5分ほどでお届けいたしております。


解消メール

お名前


メールアドレス(PC用)


【メール読者様からのご感想】

 「今までいろんな病院に行っても良くなる気配がなかったのですが、読んでいるだけで治っていきそうな気持ちが軽くになりました」N吉様

「今ではあのときの辛い耳の感覚は何だったのと言えるくらい過去の経験になりました」 I・M様

「山下先生のホームページに辿り着けて本当に運が良かったと今でも思っています。」野々宮様




■いますぐ耳閉感解消に取り組みたい方はこちら

「メール講座で情報を受け取るなんて悠長なことなんて言ってられない!いますぐ耳詰まりの悩みを解消して、1日でも早く楽な生活を取り戻したい!」

そうお急ぎの方は自宅で耳詰まり対策ができる自己治療方法があります。そちらの内容をお知りになりたい方は次のリンクをクリックして先へお進み下さい。


耳の圧迫感

 クリックして次にお進み下さい(耳鳴り・耳閉感のスッキリ解消)



危険信号 響き 外リンパ瘻 軽度 単独発症 突発性難聴 嘔吐 感音難聴 耳の閉塞感を感じたら 突発性難聴




運営者写真
耳詰まりのことなら
原因と解消法をご提案

アステル心身調律院


慢性的な耳閉感でお悩みの方が非常に多くなっています。その根底にある原因は習慣による悪循環です。

常に耳の閉塞感を気にした日々を過ごすことで、耳は逆の働きを起こすようになります。

つまり「詰まって当たり前」の状態を自らで生み出すようになります。
これが習慣付く事によって耳詰まり体質が出来垢って行くというわけです。

慢性的にお悩みの方は、心身のバランスを整える気持ちでケアしてみてください。
必死に症状を止めようと頑張れば、それこそ肩の力が入って耳の代謝はますます悪くなってしまいます。

「脱力する」というのをキーワードに、リラックスを心がけながら癒しのケアをおこなうことがポイントです。
→自己ケアはこちら



メディア掲載実績



尼崎の美容室
糖化
ヘッドスパ
自宅でヘッドスパ
フェイシャルエステ